6期連続増収増益、今季はUQモバイルが好調で純増数は前年度のほぼ2倍となった沖縄セルラーのQ4決算を見て見た件

5/4 , 2018

H30年3月期4Q連結業績(前年同四半期比)
営業収益 : 651億7600万円(3.4%)
営業利益 : 124億4900万円(6.4%)
経常利益 : 125億1100万円(6.4%)
純利益 : 86億4500万円(8.1%)

通期予想に対する進捗率
営業収益 : 100.3%
営業利益 : 102.0%
経常利益 : 102.5%
純利益 : 104.2%

沖縄セルラー

名前の通り沖縄県に本社をおく携帯事業者で、「au」ブランドを展開しています。
H29年3月期末時点でKDDIが株式の51%以上を保有し筆頭株主になっています。
とても有名なわけではないと思うのですが、実は6期連続増収増益の企業です。
日経トレンディの2017年9月の記事によると沖縄で4割強のトップシェアとのことでした。

沖縄セルラーの創業は1991年6月。前年の1990年10月に本土と沖縄の経済人が沖縄振興のために協力して行くことを目的とした「沖縄懇話会」が発足し、その中で携帯電話会社設立の方針が明らかにされ、沖縄地域において携帯・自動車携帯電話サービスを行う会社として第二電電(現 : KDDI)をはじめ県内有力企業の出資により設立されたそうです。

今期の各種数値を見ていきます。

純増数 : 2万5800件(+93.8%)
総契約数 : 68万2000件(+3.9%)
携帯電話販売数 : 24万1900件(+6.6%)
総合ARPA* : 6715円(+2.3%)
(ARPA : 1人あたりの通信料収入)

純増数がほぼ前年の2倍でした。UQモバイルが好調のようでARPAも伸びていていい感じですね。通信ARPAも付加価値ARPAもともに伸びています。
解約率は前年度Q4に比べ0.07ポイントアップの0.77%となりましたが、通期では、ほぼ横ばいの0.63%でした。
FTTH*の純増は、通期で減少し前年度比22.7%減の8400回線、今年度は各四半期2000回線前後の純増数でした。

新規事業では野菜プラントの初の販売があり、特にQ4が大きく伸び売上高は前年度比168.2%増の2億2800万円となりました。

来期は増収増益予想ですが、モバイルの純増数、通信ARPA、FTTH純増回線数は今年度割れの予想となっています。

期末BS
流動資産 : 526億1500万円
固定資産 : 380億400万円(うち有形固定資産335億3400万円)
流動負債 : 119億8100万円
固定負債 : 15億8400万円
純資産 : 770億5400万円(うち株主資本746億4900万円)

2018/5/2現在
証券コード : 9436
株価 : 4060円
時価総額 : 1110億円

twitterアカウントできました!記事の更新情報などをおしらせします。

是非シェアしてくださいm(._.)m



日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin