今期はクリスマス商戦の不調に加えブライダルジュエリーの回復が予想を下回り業績を下方修正 4℃ HDのQ3決算を見て見た件

1/10 , 2018

H30年2月期Q3業績(前年同期比増減)
売上高  338億3400万円(-1.9%)
営業利益 34億8700万円(-12.0%)
経常利益 44億4500万円(-7.1%)
純利益  33億3200万円(7.4%)

通期予想に対する進捗率
売上高  69.8%
営業利益 56.7%
経常利益 58.1%
純利益  60.0%

4℃ HD

毎年12月某日以降メルカリに多く出品されているジュエリーブランドの決算です。ちなみに初めて取り上げます。
今期はブライダルジュエリーの回復に想定以上の時間を要していることに加え、今回の決算期間(Q3)には絡んでいませんが、最大需要期である12月のクリスマス商戦において売上高が計画を下回ったことにより業績の下方修正が発表されていますので、まずはそれから見ていきます。

修正内容
売上高 : 510億円=>485億円(-25億円)
営業利益 : 68.5億円=>61.5億円(-7億円)
経常利益 : 82.5億円=>76.5億円(-6億円)
純利益 : 55億円(据え置き)

当期純利益のみ修正なしでした。理由としては持分法適用会社における時価発行増資により特別利益が発生するためとのことでした。
(*時価発行増資 : 資金調達を行う際に、発行価格を市場価格に近い価格に設定して行う増資のこと。詳しくは)

次にQ3累計期間のセグメント別業績を見ていきます。

ジュエリー事業
売上高 : 208億3200万円(-4.7%)
営業利益 : 30億5400万円(-12.7%)

ジュエリー事業はブライダルジュエリーが不調で計画を下回ったことにより減収でした。結婚もしてないですし予定もないので、「ブライダルジュエリー ランキング」とかで調べて見たんですが、上位3位までには入っていない感じで良いものでも5位くらいでした。ちなみにTOP3は「カルティエ」「ティファニー」「ハリーウィンストン」「K.UNO」などが入っているといった感じでした。個人的なイメージですが4℃は、プライダルジュエリーのイメージがないのですがどうなんでしょうか?もしかするとクリスマス過ぎに必ずメルカリに登場するのでそのせいでブライダルのイメージがないのかもしれないです。

アパレル事業
売上高 : 208億3200万円(3.0%)
営業利益 : 30億5400万円(-9.2%)

アパレル事業においては、売上が前年を上回ったものの営業利益は前年割れとなりました。個人的な感想を先に書くと、4℃はジュエリーだけの会社だと思っていたのでアパレルにも進出しているとは思いませんでした。「アスティグループ」と「アージュ」という子会社で構成されています。「アスティグループ」は企画機能と生産機能を持つアパレル・バッグメーカー、地方マーケットを基盤としたホールセール、企画・生産機能を持つ子会社のグループです。「アージュ」は中核事業として総合衣料品店「パレット」のチェーン展開しており、また、「4℃」のジュエリー・バッグの販売代行も行なっています。今期は「パレット」の出店拡大を進めるとともに販促施策強化に取り組んだことで「アージュ」は好調に推移したとのことでした。

2018/1/9現在
証券コード : 8008
株価 : 3015円
時価総額 : 884億円

twitterアカウントできました!記事の更新情報などをおしらせします。

是非シェアしてくださいm(._.)m



日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin