販売台数は増加し売上高増収も完成検査不正などあり営業利益を下方修正した日産自動車のQ2決算を見て見た件

11/8 , 2017

H30年3月期Q2業績(前年同四半期比)
売上高   5兆6525億900万円(6.2%)
営業利益  2818億3200万円(-17.0%)
経常利益  3695億3300万円(-6.9%)
純利益   2765億900万円(-2.1%)

通期予想に対する進捗率
売上高    47.9%
営業利益   43.6%
純利益    51.7%
日産自動車

完成検査の不正問題があり、営業利益の予想を下方修正しました。売上高やその他の利益に変更はありません。

営業利益 : 6850億円=>6450億円

営業利益のみの修正となりましたが、当期純利益については営業外収益改善や実効税率の低下などが見込まれるため変更はしないとのことでした。

事業セグメント別業績

自動車事業及び消去
売上高 : 5兆900億5200万円(+4.8%)
営業利益 : 1706億400万円(-29.7%)

販売金融事業
売上高 : 5624億5700万円(+20.7%)
営業利益 : 1112億2800万円(+14.5%)

自動車の販売台数自体は前年同期比4.6%増の273万3000台でした。日本と中国で販売台数が特に伸びました。地域別の販売実績を見てきます。

日本
販売台数 : 28万3000台(+34.1%,+7.2万台)

中国
販売台数 : 65万1000台(+6.7%,+4.1万台)

北米
販売台数 : 77万9000台(-0.4%,-0.4万台)

欧州
販売台数 : 37万5000台(+3.6%,+1.3万台)

その他(アジア・オセアニア、中南米、中東、アフリカ、その他)
販売台数 : 39万台(+2.3%,+0.8万台)

(前年同期比増減 , 前年同期比増減台数)

日産は個別地域として出ている中では最も販売台数が少ないですが、伸びた台数は最も大きくなりました。日本においては普通乗用車・軽自動車共に伸びており、軽自動車の販売台数に関しては前年同期比93.9%増とほぼ2倍の9万台となりました。市場占有率は2.2ポイント増の11.4%でした。

北米は、カナダでの販売が前年同期比8.6%増となったものの、メキシコとアメリカ市場での減少分を埋めきれず全体としてはマイナスとなりました。市場占有率はアメリカで8.8%(+0.1ポイント)、カナダで6.9%(+0.2ポイント)、メキシコで23.9%(-0.8ポイント)となりました。

欧州はロシアを含め販売台数が増加しましたが市場占有率は横ばいの3.8%でした。

その他市場では、アジア・オセアニア、中東で販売台数が減少したものの中南米、アフリカ・その他で販売台数が増加しトータルで増加となりました。

トヨタと比較してもほぼ同じ感じでトヨタも日本、欧州、その他(中南米、オセアニア、アフリカ、中近東)で販売台数が増加、北米で減少でした。日本に関しては販売台数自体はトヨタの方が多いですが、前年同期比の増加台数は日産の方がかなり多い(6万台程度)という結果になりました。

先日、発表されたトヨタ自動車の決算もまとめてありますので、興味のある方は是非読んでみてください。
通期最終増益に上方修正 日本と欧州の販売好調により増収、為替差益の計上などにより増益トヨタ自動車のQ2決算を見て見た件



2017/11/8現在
証券コード : 7201
株価 : 1118.5円
時価総額 : 4兆7208億円

twitterアカウントできました!記事の更新情報などをおしらせします。

是非シェアしてくださいm(._.)m



日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin