Sprintが過去4年で初の上期最終黒字化 増収ながらデリバティブ損失の影響で大幅減益のソフトバンクグループQ2決算を見てみた件

11/6 , 2017

H30年3月期Q2業績(前年同四半期比)
売上高   4兆4111億3500万円(3.3%)
営業利益  8748億3900万円(35.1%)
税引前利益 2190億2100万円(-66.8%)
純利益   1026億2200万円(-86.6%)

ソフトバンクグループ

増収営業増益ながらデリバティブ関連損失が前年同期比で大きく膨らんだことで、税引前利益ならびに四半期純利益は減益となりました。TモバイルとSprintの合併交渉停止についてですが、Sprintの経営権を手放してまで合併するのは、今後のことを考えると違うとのことで停止となりました。また本日Sprintの株式の追加取得が発表されました。ルール上85%までしか買うことができないため、そのギリギリまでは買い進めるとのことでした。

事業ごとの業績と事業数値を見ていきます。

国内通信事業
売上高 : 1兆5289億6000万円(-1.6%)
セグメント利益 : 4339億6800万円(-6.9%)
累計契約件数 : 3278万4000件(+38万4000件)
新規契約数 : 226万4000台(-1.3万台)
機種変更数 : 257万9000台(-4.9万台)
通信ARPU : 3790円(-220円)
サービスARPU : 550円(-10円)
携帯電話解約率 : 0.74%(0.04ポイント改善)
主要回線解約率 : 1.01%(0.05ポイント改善)
ソフトバンク光契約件数 : 436万2000件(+77万件)

スプリント事業
売上高 : 1兆7933億2700万円(+4.1%)
セグメント利益 : 2021億7600万円(+93.3%)
累計契約数 : 5402万7000件(+43.9万件)
純増減数 : 37万8000件(-22万1000件)
ポストペイド携帯電話解約率 : 1.59%(0.22ポイント悪化)
ポストペイド解約率 : 1.72%(0.2ポイント悪化)
ARPU : 52.34ドル(-5.69ドル)
1契約あたりの端末代金請求額 : 16.61ドル(+2.95ドル)

ヤフー事業
売上高 : 4254億3900万円(+3.9%)
セグメント利益 : 969億9000万円(-6.7%)
詳しくはヤフーをまとめた記事をご覧ください。
ショッピングを筆頭にコマース事業が好調 取扱高最大化とデータドリブン化への投資を行い増収ながらも減益となったヤフーのQ2決算を見てみた件

流通事業
売上高 : 6448億5200万円(+3.0%)
セグメント利益 : 73億6300万円(-48.5%)

アーム事業
売上高 : 936億7600万円(+552.5%)
セグメント利益 : -147億9400万円(赤字拡大)

ソフトバンクビジョンファンド事業
投資の未実現評価益 : 1943億3600万円
セグメント利益 : 1862億3800万円

国内通信事業は、ヤフーとの協業やスマホ及び「ソフトバンク光」の先行投資があり減収減益となりました。ARPUに関してはY!mobileスマホの構成比率の上昇と「おうち割 光セット」の累計適用件数の増加により、通信とサービスのARPUの合計である総合ARPUが前年同期を下回りました。

スプリント事業のドルベース売上高は160億8400万ドルで前年同期比1.1%減でした。この上期は売上原価と販管費合計で前年同期比8.6%減となり売上高は微減だったものの増益で純利益は過去4年で初の黒字となりました。 ヤフー事業ですが、ヤフーは別にまとめてあるのでこちらをご覧ください。

アーム事業は、チップの出荷数が前年同期比27%増の97億個となり売上高は前年同期比20%増の470億円となりました。商品はHUAWEIのモバイルチップ、サーバー向けチップの開発、ソフトバンクビジョンファンドで出資しているNVIDIAとの連携も行なっています。

アリババですが、7-9月の売上高は61%増収の9172億円、営業利益は83%増益の2760億円で純利益は71%増益の3676億円となりました。

最後にソフトバンクビジョンファンドですがこの半年間で20社に投資を行なっています。平均投資額は1000億円ほどのとのことです。分野はIoT、ロボット、AI、EC、ライドシェア、Fintech/決済、医療などがあります。個人的には、ROIVANTに興味があります。創薬って個人的に興味があって調べたんですがAIととても相性がいいと思っていて、とても期待しています。

一応、大手他キャリアの決算も見ているので興味のある方はあわせてご覧ください。

ドコモ光の貢献でARPUは上昇 法人ソリューションなどのその他事業のみが増収増益となったNTTドコモのQ2決算を見てみた件

パーソナルセグメントが売上をビジネスセグメントが利益を牽引し増収増益となったKDDIのQ2決算を見てみた件

2017/11/6現在
証券コード : 9984
株価 : 9945円
時価総額 : 10兆9460億円

twitterアカウントできました!記事の更新情報などをおしらせします。

是非シェアしてくださいm(._.)m



日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin