今期2度目の大幅上方修正 アジアが業績成長を牽引 ファナックのQ2決算を見てみた件

10/26 , 2017

H30年3月期Q2業績(前年同四半期比)
売上高   3476億1200万円(35.2%)
営業利益  1073億9600万円(37.0%)
経常利益  1183億9700万円(45.7%)
純利益   857億6300万円(42.5%)

通期予想に対する進捗率
売上高    50.2%
営業利益   51.4%
経常利益   52.5%
純利益    52.0%
ファナック

ここ最近決算集中期が来ているんですが、上方修正する企業がとても多いように感じています。ファナックはQ2にして2度目の上方修正となりました。まずは修正内容から見ていきます。

売上高 : 6114億円=>6930億円(+816億円)
営業利益 : 1698億円=>2091億円(+393億円)
経常利益 : 1792億円=>2254億円(+462億円)
当期純利益 : 1315億円=>1649億円(+334億円)

修正理由としては、業績が全般的に好調で下期においても好調に推移するものと見込まれるためとのことでした。 ファナックと比較対象としてあげられる安川電機とモーター大手の日本電産の決算も数日前に取り上げていますので興味のある方はいかかがご覧ください。

通期業績上方修正 2桁増収で利益は2倍前後に拡大した安川電機のQ2決算を見てみた件

今期2度目の上方修正 全ての製品グループ好調に加え新規連結子会社が貢献 日本電産のQ2決算を見てみた件

部門別の売上高を地域別の売上高をみていきます。

FA(CNC/サーボモータ/レーザ発振器)
売上高 : 1053億円

ロボット
売上高 : 1097億円

ロボマシン
売上高 : 901億円

サービス
売上高 : 425億円

続いて地域別

国内
売上高 : 636億円

米州
売上高 : 705億円

欧州
売上高 : 508億円

アジア
売上高 : 1604億円

その他
売上高 : 23億円

部門別ではFAが国内、中国、韓国が好調でロボットは欧米、中国が好調とのことでした。地域別ですがアジアが好調で四半期単体の売上高を見ると昨年度Q2から右肩上がりの成長でファナックの業績成長を牽引しているといっても過言ではありません。欧米はいつも通りといった感じで国内に関してはここ最近の推移を見る限りでは少し高めの売上高になっているかなと思います。前年同期比18.2%増、前四半期比17.8%増でした。

2017/10/25現在
証券コード : 6954
株価 : 25075円
時価総額 : 5兆1167億円

是非シェアしてくださいm(._.)m



日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin