MAUは前四半期比減少ながらパフォーマンス型広告の好調などあり2桁増収3桁増益となったLINEのQ3決算を見てみた件

10/25 , 2017

H29年12月期Q3業績(前年同四半期比)
売上収益  1212億3300万円(17.4%)
営業利益  244億7900万円(33.8%)
税引前利益 211億9800万円(38.9%)
純利益   120億7400万円(127.2%)

LINE

2桁増収で四半期純利益は3桁増益となりました。ただ、今年度Q1をピークにMAU*が減少しているのが気になるところです。MAUとサービス別の業績を見ていきます。
(*MAU : 月間アクティブユーザー)

MAU : 1億6800万人(YoY : +4.1% QoQ : -100万人)
内訳
日本 : 7100万人
台湾・タイ・インドネシア : 9700万人

広告
売上高 : 204億円(+40.9%)
公式アカウント数 : 631件
LINE@アカウント数 : 608万5000件

コミュニケーション・コンテンツ
売上高 : 174億円(-3.3%)
内訳
コミュニケーション : 75億円(+3.7%)
コンテンツ : 99億円(-8.3%)
平均スタンプ送信数 : 4億1300万回/1日(+7.6%)
ゲームMAU : 2180万人(-20.7%)

その他
売上高 : 47億円(+38.2%)
LINE Pay決済高 : 1150億円

広告がとにかく伸びるなと。中でもパフォーマンス型広告の伸びがすごくて売上高は前年同期比で112%増となりました。オアフォーマンス型広告のインプレッション数は前年同期比60.5%増となる159億4000万インプレッションでした。インプレッション数に関しては綺麗な右肩上がりとなっています。気になったのはゲームのMAUです。資料に前年度Q2からの数字が載っているのですが、綺麗な右肩下がりとなっています。次にサービスごとの数値を見ていきます。

LINEマンガ決済高 : 30.8億円(+38.5%)
LINE MUSIC決済高 : 10.9億円(+165.9%)
LINE NEWS MAU : 6000万人(+30.0%)
LINE LIVE MAU : 3300万人(+78.0%)

各数値伸びています。LINEショッピング・デリマは金額は出ていないのですが前月比39%程度増となっていました。

広告の数字がよく伸びているので業績として大きな影響は出ていませんが、やはりMAUの減少が気になります。ちなみに減少しているのは日本国内ではなく台湾・タイ・インドネシアといった海外で減っているので実感はあまり湧かないのですがQ2、Q3と続けてMAUが減少しているのはとてもきになるところです。

2017/10/25現在
証券コード : 3938
株価 : 4185円
時価総額 : 9276億円

是非シェアしてくださいm(._.)m



日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin