【上場後初決算】クリエイターサポートその他は2倍 アドセンスも75%増収 「ヒカキン」「はじめしゃちょー」などのチャンネルが所属するUUUMのQ1決算を見てみた件

10/12 , 2017

H30年5月期Q1業績(前年同四半期比)
売上高    23億8800万円
営業利益   1億1700万円
経常利益   1億600万円
純利益    7000万円

通期予想に対する進捗率
売上高    26.6%
営業利益   29.3%
経常利益   27.8%
純利益    27.0%
UUUM

8月30日に上場しましたUUUMの決算です。上場前にまとめているものもあるのでUUUMの概要などを知りたい方はまずこちらをご覧ください。

直近Q3は前年度通期業績を超える伸び 8月30日上場予定のUUUMの有価証券報告書を読んで見た件

上場後初の決算となりました。業績数値は好調で前年同期比で売上高は10億円近い増収となりました。特にアドセンスからの売り上げが大きく伸びています。それぞれの売上高を見ていきます。

自社サービス
売上高 : 1億600万円(+45.2%)

クリエイターサポートその他
売上高 : 2億1200万円(+116.3%)

広告
売上高 : 7億8100万円(+62.7%)

アドセンス
売上高 : 12億9000万円(+75.5%)
カッコ内は前年同期比増減

増減率を見ると最も伸びたのは、クリエイターサポートその他で前年同期の2倍以上となっています。金額においてはアドセンスの増収が最も大きく5.6億円程度の増収でした。前四半期比ではアドセンスのみ0.7億円程度の減収でしたがその他は増収でした。

営業利益に関しては前年同期比5700万円減の1億1700万円でした。前年同期と比較して販管費が2.7倍程度になっていますが前年同期の68%程度の営業利益となっています。販管費の増加については前年同期比で見ると人件費、地代家賃、広告宣伝費、業務委託費、その他といった全ての項目で増加しています。前四半期比で見ると広告宣伝費とその他の部分が減少しています。

期末所属チャンネル数と四半期の合計再生回数ですが順調に伸びています。前年同期比と前四半期比の両方を見てみます。

1Qの四半期合計再生回数
74億4600万回
前年同期比 : +48.6%
前四半期比 : +10.4%

期末チャンネル数
4731チャンネル
前年同期比 : +64.8%
前四半期比 : +6.8%

せっかくなのでチャンネルあたりの再生回数も計算してみます

1Qの1チャンネルあたりの平均再生回数
約157万3800回
前四半期 : 約152万2100回
前年同期 : 約174万5300回

1チャンネルあたりの再生回数はおそらく新しいチャンネルが増えることで一時的に平均回数が減ってその後チャンネルが成長するに従って平均回数が伸びて行くって感じなんだろうなと思います。

多くのチャンネル数を持ちトップクリエイターへの再生回数依存の状態を徐々に緩めながら、トップクリエイターと呼ばれるクリエイターを増やして行くことがとても大事なんだろうと思います。同時に個人的に期待しているのは企業とのタイアップというかインフルエンサーマーケティングの部分です。企業にとってはターゲットを絞りやすいのとイメージに合うかどうかみたいなところも考えて広告ができると思うので今後さらに増えるんじゃないかと勝手に思ってます。

2017/10/12現在
株価 : 5280円
時価総額 : 321億円

是非シェアしてくださいm(._.)m



日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin