直近Q3は前年度通期業績を超える伸び 8月30日上場予定のUUUMの有価証券報告書を読んで見た件

8/16 , 2017

久しぶりに新規上場企業について書きます。今回はUUUMです。若い方は知っている人も多いと思いますが年齢層が上がれば上がるほど認知度が低そうな気がします。YouTubeという動画配信サイトにおいて独自に作った動画をアップロードしているYouTuberという人たちがいます。イメージとしては芸能人に近いかもしれません。そのYouTuberの方たちに対してYouTuberを利用して宣伝をしたい企業との架け橋になったりリアルイベントの企画やグッズ販売などのサポートを行なったり自社サービスとしてオリジナルコンテンツやクリエイターと親和性の高いサービスへの投資を行なったりしている企業になります。

収益を得る方法としてはYouTuberがYouTube上に動画を投稿し、その動画自体に広告を掲載します。それによって得られた収益のうち一部がUUUMに入り一部がYouTuberなどのクリエイターに入る流れになっています。この場合、広告はGoogleのサービスを利用しています。この他に広告主とのタイアップ動画などを作る場合はUUUMと広告主がGoogleなどのサービスを介さずに取引をするというものもあります。

まずはUUUMの企業情報から

設立年月日 : 2013年6月27日
代表取締役 : 鎌田 和樹
本店所在地 : 東京都港区六本木6-10-1

IPOの情報は以下の通りです。

上場日 : 2017年8月30日(他企業の同日上場なし)
証券コード : 3990
市場 : 東証マザーズ
仮条件 : 1880円~2050円
時価総額 : 112.8億円~123億円(上場時発行済株式総数を元に計算)
証券会社 : 野村證券/SMBC日興証券/大和証券/みずほ証券/いちよし証券 他

直近の通期業績は以下の通りです
H28年5月期業績(前年同四半期比)
売上高    32億9971万円(150.2%)
営業利益   2億2258万円(黒字化)
経常利益   2億2172万円(黒字化)
純利益    1億8591万円(黒字化)

内訳
クリエイターサポートサービス
売上高 : 31億2818万円(アドセンス売上 : 16.8億円、タイアップ受託等広告売上 : 13.4億円)
自社サービス
売上高 : 1億7152万円

直近業績は以下の通りです。
H29年5月期Q3業績(前年同四半期比)
売上高    46億9038万円
営業利益   4億1520万円
経常利益   4億1153万円
純利益    3億218万円

内訳
クリエイターサポートサービス
売上高 : 44億7156万円(アドセンス売上 : 26.7億円、タイアップ受託等広告売上 : 14.5億円)

自社サービス
売上高 : 2億1882万円

上が直近の”通期”業績で下が直近の”Q3”業績になります。直近Q3時点で前年度通期業績数値を全て超えています。Q3ではGoogleの広告サービスであるアドセンスの1再生あたりの収益が拡大したことなどによりアドセンス売上が伸びています。

所属チャンネル数と所属する上位のチャンネルの登録者数は以下の通りです。

所属チャンネル数 : 4066(H29年5月期Q3)

所属チャンネルの登録者数
「はじめしゃちょー」 : 524万人
「HikakinTV」 : 439万人
「Yuka Kinoshita」 : 314万人
「HikakinGames」 : 291万人
「Fischer’s」 : 271万人

クリエイターの動画が収益を上げる大きな要素な訳ですが、事業等のリスクとして人気クリエイターへの依存について書かれていました。H28年5月期における累計動画再生回数上位10クリエイターの再生回数は同期間におけるUUUM所属クリエイター全体の累計再生回数の62.2%を占めていて、H29年5月期Q3においてはこの割合が49.4%になっているとのことでした。人気クリエイターへの依存はできることなら避けたほうがいいでしょうし、できるだけ人気クリエイターが沢山いる状態を作れるほうがいいですよね。ちなみにクリエイターの専属プロデュース契約の場合契約期間は2年間で対価としてアドセンス収益のうち税込80%をクリエイターに支払い、タイアップ等によって得た収益に関しては一定の料率を乗じたものを支払うとのことでした。

最後に株主ですが以下の通りです。

1.鎌田和樹 : 39.45%
2.ANRI 1号投資事業有限責任組合 : 16.97%
3.ジャフコSV4共有投資事業有限責任組合 : 15.43%
4.梅田裕真 : 9.26%
5.服部義一 : 5.29%

梅田裕真氏と服部義一氏は設立時に鎌田氏と共に設立時の出資者だと思います。設立時の割当先として名前が出ています。

個人的に注目している企業のうちの一つでもあるので、上場後も決算をできるだけ毎四半期見ていきたいと思います。

UUUM HP
UUUM 新規上場申請のための有価証券報告書
UUUM 新規上場会社概要

是非シェアしてくださいm(._.)m



日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin