イメージングソリューションが3桁増益 全体では増収263%増益となった富士フイルムHDのQ1決算を見てみた件

8/15 , 2017

H30年3月期Q1連結業績(前年同四半期比)
売上高    5714億8800万円(4.7%)
営業利益   358億3600万円(21.5%)
税引前利益  576億2400万円(144.1%)
純利益    438億200万円(263.0%)

通期予想に対する進捗率
売上高    23.2%
営業利益   19.4%
税引前利益  28.8%
純利益    35.0%
富士フイルムHD

この規模で3桁増益って凄まじいなと。もちろん為替差損がなくなっているとかそういうこともあるのですが営業利益も2桁増益なのでやはりすごいなと。ドキュメントソリューション以外が伸びていて、中でも売上ではインフォメーションソリューションが伸びていて、営業利益ではイメージングソリューションが大きく伸びました。セグメント別の業績を見ていきます。

イメージングソリューション
売上高 : 850億円(+9.2%)
営業利益 : 126億円(+123.6%)

インフォメーションソリューション
売上高 : 2300億円(+12.2%)
営業利益 : 189億円(+25.9%)

ドキュメントソリューション
売上高 : 2565億円(-2.5%)
営業利益 : 117億円(-28.1%)

全社費用及び消去は割愛

ドキュメントソリューション以外は好調です。まずイメージングソリューションですが5月に発売した「instax SQUARE SQ10」などのインスタントカメラ「チェキ」とチェキフィルムのインスタントフォトシステムの販売が欧米を中心に好調なようです。今頃なぜ「チェキ」が?と思ったんですけど「instax SQUARE SQ10」のサイトを見てみるとどうやら撮った写真の編集や加工、二十露光やバルブ撮影、サムネイルプリントなどができるようで、インスタなどに近いことができてさらにプリントできるってところがいいんですかね?かつてのチェキにオシャレさをプラスした感じです。欧米を中心に好調とのことなのでそのうち日本でも流行るのかもしれません。まだ伸びるような気がします。また同セグメントではミラーレスデジタルカメラ及び交換レンズが好調でした。

インフォメーションソリューションはヘルスケアとそれ以外で書かれており、ヘルスケアは赤字縮小となっています。ヘルスケアは体外診断システム、内視鏡を始めとした分野が好調でバイオ医薬品の開発・製造受託も好調でした。

ドキュメントソリューションは主力カラー複合機の販売が国内と中国で好調ながらオセアニア地域での販売減少により減収でさらに為替によるマイナス影響などにより減益となりました。

今時カメラなんてと思っているところもあったのですがインスタみたいな機能がついてりすると人気になるんだなということがわかったのでそこは発見でした。海外で流行ったものが遅れて日本にやってくるイメージがあるのでどの程度流行るのかにもよるんでしょうけど日本でも流行ることに期待したいと思います。もしかするとチェキで加工して撮った写真をさらにスマホで撮ってインスタにあげるみたいなのもそのうち出てくるのかなとか思ったり思わなかったりします。

2017/08/14現在
株価 : 3942円
時価総額 : 2兆286億円

是非シェアしてくださいm(._.)m



日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin