AI事業拡大へ 大幅増収黒字化で着地となったデータセクションのQ1決算をみてみた件

8/11 , 2017

H30年3月期Q1連結業績(前年同四半期比)
売上高    1億3700万円(45.1%)
営業利益   600万円(黒字化)
経常利益   200万円(黒字化)
純利益    100万円(黒字化)

通期予想に対する進捗率
レンジのある予想のため割愛
データセクション

初めて取り上げる企業です。AIに関連する企業を探していた時に見つけていつか見ようと思っていたのがやってきました。ソーシャルメディア分析、風評リスク対策、AIを利用した画像解析、オンラインデータ収集分析をベースとしたソリューション開発を提供している企業です。Q1で利益が黒字化と書いていますがずっと赤字だったわけではなく前年同期が赤字だっただけです。

単一セグメントのためサービス別等の業績はありません。そうなると特に見るものがなくて終わってしまうのでAI事業の拡大のために動き出しているようなのでそれについて書きたいと思います。

AIはとても夢があって個人的に好きな領域です。中長期的な事業戦略とQ1の成果としてまず、「動画像解析」「テキスト解析」「データ解析」と言った3つのAIの解析技術を核に「コミュニケーション」「警備・点検」「ファイナンス」「セキュリティ」「自動運転」「小売・ロジスティクス」といった様々な事業領域への応用を目指すとのことでAIとの親和性の高い他業界企業とパートナーシップを組み事業拡大を目指すようです。その成果として提携や共同開発の開始がいくつかありました。

1.太陽光パネルの自動点検サービスの実証実験開始(ブイキューブロボティクス・ジャパンと業務提携)

2.MASAMITSUデータセクション・ビッグデータ・ファンドがシャープレシオ*2.1を実現(ファイブスターと共同開発)

3.PR文書うの自動生成サービスの提供に向けた共同開発を開始(ベクトルと業務提携)

(シャープレシオ : リスクをとって運用した時、安全資産から得られるリターンをどれだけ上回ったのかを比較する指標。)

またAI案件の進捗状況として、アイドルTwitter投稿代行のプロモーション企画を始めとした「AI記者」エンジンを活用した記述提供の開始などが書かれていました。

AIってもっと世の中を便利にできると思うのでデータセクションだけじゃないですけどAIに関わっている企業にはすっごいことをやって欲しいし自分もそのれに関わりたいと最近よく思っています。なんか、みんなが「は?そんなことできんの?」「いやいや無理でしょ」って思うようなことをやってみたいし、やって欲しいですね。

なんか決算をまとめた記事ではなくなってしましたがこれで終わりにします。

2017/08/10現在
株価 : 705円
時価総額 : 84億円

是非シェアしてくださいm(._.)m



日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin