観客動員数過去最高でスポーツ事業が好調 減収ながらも金融費用減で最終増益DeNAのQ1決算を見て見た件

8/9 , 2017

H30年3月期Q1連結業績(前年同四半期比)
売上収益   364億5500万円(-4.8%)
営業利益   63億9600万円(-13.0%)
税引前利益  80億300万円(14.8%)
純利益    53億2200万円(3.0%)

DeNA

減収営業減益でしたが、税引前利益は金融費用が前年同期比13.9億円程度減少したことなどがあり税引前、四半期純利益ともに増益でした。多くの事業が前年同期比減収でスポーツのみ増収増益、また新規事業・その他も増収でした。野球に関してはとても調子が良く、阪神ファンである僕からすると歓迎できないのですが、もしかするとCSのファーストステージを浜スタでやれるかもしれないので盛り上がっているんでしょうね。では、事業別の業績を見ていきます。

ゲーム
売上収益 : 243億円(-7%)
営業利益 : 73億円(+7%)

EC
売上収益 : 40億円(-15%)
営業利益 : -5億円(赤字化)

スポーツ
売上収益 : 63億円(+16%)
営業利益 : 22億円(+25%)

新規事業・その他
売上収益 : 21億円(-8%)
営業利益 : -14億円(赤字拡大)
調整額は割愛

ゲーム事業は減収ではありますが、期初の見通しに沿った実績とのことで増益については任天堂との協業タイトルの貢献などによるものとのこと。EC事業は取扱高は前年同期比で増加したもののDeNAトラベルの一部取引に係る原価計上漏れの修正を行いQ1に全額費用処理したことなどがあり赤字化しました。スポーツ事業はDeNAベイスターズの平均観客動員数は過去最高となる2万7586人でした。収容人数がおそらく2万9000人なので平均して95%近く観客をいれている事になります。気になって他のチームの観客動員数も調べて見ました。ホームゲームにけおる1試合あたりの観客動員数はプロ野球Freakによると以下のような感じになっていました。

1.阪神 : 4万2510人
2.巨人 : 4万1371人
3.ソフトバンク : 3万4224人
4.広島 : 3万369人
5.日ハム : 2万8842人
6.DeNA : 2万7788人
(8月8日終了時点)

1位は阪神でしたww甲子園球場の収容人数は4万7508人らしいので大体平均9割程度の入りでやっているようです。ちなみに浜スタの改修計画が既に発表されていますが従来の2.9万人から3.5万人に収容人数が増えるようなので、チームの状態が良ければスポーツ事業の業績はまだまだ伸びそうです。

今後ですが、ゲーム事業においては任天堂との協業タイトルになる「どうぶつの森」は2017年度中の配信で具体的な日程は未定とのことでした。最近またCMを時々見る「逆転オセロニア」は1200万DLを突破しました。新規事業・その他についてはまず、メディア事業で既に情報が出ていたような気がするのですが、小学館との共同出資で女性向けファッション情報を中心としたメディアを運営するために株式会社MERYを設立。オートモーティブ事業においてはタクシーをスムーズに配車するサービスの提供とともにAIを活用した「需要予測システム」の提供を行うとのことでした。ちょっと確実にかぶっていると断言はできないんですけど、タクシーのAIを利用した需要予測システムはNTTドコモが既に提供を開始していたと思います。実際に売上も伸びているみたいです。一応その記事を載せておきます。
AIタクシー、30分後の需要エリア予測 NTTドコモが公開(日本経済新聞)

2017/08/09現在
株価 : 2456円
時価総額 : 3703億円

是非シェアしてくださいm(._.)m



日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin