【大手ゼネコン第一四半期決算特集】 完成工事原価率が前年同期比で改善 大手ゼネコン(鹿島・大成・大林・清水)の決算を比較して見た件

8/8 , 2017

鹿島建設
H30年3月期Q1連結業績(前年同四半期比)
売上高    4008億2800万円(2.6%)
営業利益   439億3800万円(44.7%)
経常利益   482億700万円(49.9%)
純利益    340億3400万円(65.6%)

通期予想に対する進捗率
売上高    21.9%
営業利益   41.5%
経常利益   40.2%
純利益    41.5%
鹿島建設

セグメント別業績

土木事業
完成工事高 : 862億円(+40.6%)
営業利益 : 205億円(+167.8%)

建築事業
完成工事高 : 1744億円(-8.0%)
営業利益 : 197億円(+13.1%)

開発事業等
売上高 : 74億円(+13.9%)
営業利益 : 4億円(-7.0%)

国内関係会社
売上高 : 746億円(+2.4%)
営業利益 : 12億円(-42.8%)

海外関連会社
完成工事高 : 892億円(-1.1%)
営業利益 : 13億円(-26.0%)

大成建設
H30年3月期Q1連結業績(前年同四半期比)
売上高    3202億4700万円(7.7%)
営業利益   265億7800万円(65.4%)
経常利益   284億9800万円(85.1%)
純利益    197億5400万円(65.6%)

通期予想に対する進捗率
売上高    19.9%
営業利益   21.3%
経常利益   22.6%
純利益    22.7%
大成建設

セグメント別業績

土木事業
売上高 : 849億円(+18.1%)
営業利益 : 121億円(+77.9%)

建築事業
売上高 : 2092億円(+5.9%)
営業利益 : 205億円(+18.3%)

開発事業
売上高 : 239億円(-5.9%)
営業利益 : 61億円(+15.1%)

その他
売上高 : 22億円(-8.3%)
営業利益 : 5億円(横ばい)
(この他に別に販管費が192億円かかっています)

大林組
H30年3月期Q1連結業績(前年同四半期比)
売上高    4390億4400万円(9.2%)
営業利益   248億9700万円(8.3%)
経常利益   271億2100万円(16.0%)
純利益    189億7600万円(19.0%)

通期予想に対する進捗率
売上高    22.9%
営業利益   18.5%
経常利益   19.3%
純利益    20.0%
大林組

セグメント別業績

土木
売上高 : 950億円(+3.4%)
営業利益 : 62.4億円(+2.6%)

建築
売上高 : 3280.9億円(+11.5%)
営業利益 : 161.9億円(+10.2%)

不動産事業等
売上高 : 159.4億円(+0.1%)
営業利益 : 24.5億円(+11.7%)

清水建設
H30年3月期Q1連結業績(前年同四半期比)
売上高    3401億1700万円(-3.9%)
営業利益   264億6100万円(20.3%)
経常利益   286億7500万円(27.9%)
純利益    223億7900万円(53.5%)

通期予想に対する進捗率
売上高    21.3%
営業利益   27.4%
経常利益   28.7%
純利益    32.4%
清水建設

セグメント別個別売上高

土木
売上高 : 645.5億円(-10.5%)

建築
売上高 : 2016.1億円(-5.7%)

開発事業等
売上高 : 71億円(-8.9%)

企業によってセグメント別の業績の出し方が違うので注意してください。清水建設は業績数値は連結ですがセグメント別は個別の数値になっています。8月7日と8日に各社の決算が公開されました。初日の鹿島建設と大成建設の利益の伸びがとても大きかったので、今期のゼネコンは前年に比べてかなり利益が出ているのかと思っていたら、8日に公開された大林組と清水建設は、率としてはそこまででもなくといった感じでした。売上高は清水建設を除いて増収、各社利益全てにおいて増益となりました。まだまだ調子が良さそうな感じですね。営業利益から伸びている企業が多いので完成工事原価率*を見て見たいと思います。
(完成工事原価率 : ゼネコンの売上高の内訳が完成工事高と開発事業等売上高で表されているのでメインの事業売上である完成工事高に対する完成工事原価見ようと思って完成工事原価率としました。)

鹿島建設
完成工事原価率 : 87.4% => 83.7%

大成建設
完成工事原価率 : 89.1% => 86.7%

大林組
完成工事原価率 : 89.5% => 89.7%

清水建設
完成工事原価率 : 89.1% => 87.1%

大林組以外は原価率が改善しています。大林組は売上高が上昇したことに加え不動産事業等売上原価率が改善したこともあり増益でした。

2017/08/07現在 鹿島建設 株価 : 1031円
時価総額 : 1兆900億円

大成建設 株価 : 1102円
時価総額 : 1兆2637億円

大林組 株価 : 1384円
時価総額 : 9985億円

清水建設 株価 : 1226円
時価総額 : 9667億円

是非シェアしてくださいm(._.)m



日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin