インターネットモバイル事業が好調も地上波放送事業が減益となり増収減益となったテレビ東京HDのQ1決算を見て見た件

8/3 , 2017

H30年3月期Q1連結業績(前年同四半期比)
売上高    356億5900万円(2.5%)
営業利益   21億100万円(-25.8%)
経常利益   23億4000万円(-22.2%)
純利益    14億2500万円(-27.9%)

通期予想に対する進捗率
売上高    24.3%
営業利益   35.0%
経常利益   36.7%
純利益    37.5%
テレ東

個人的には好調そうなイメージだったのですが、増収2桁減益でした。各セグメント増収なんですが地上波放送とBS放送の部分が減益でした。各セグメントの業績を見ていきます。

地上波放送
売上高 : 277億4400万円(+0.6%)
営業利益 : 22億2700万円(-18.0%)

放送周辺事業
売上高 : 90億9800万円(+4.7%)
営業利益 : 6億7100万円(+8.0%)

BS放送
売上高 : 39億1700万円(+2.9%)
営業利益 : 1億1300万円(-67.4%)

インターネット・モバイル
売上高 : 15億1900万円(+52.1%)
営業利益 : 1億100万円(+22.1%)

地上波放送事業は「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」「家、ついて行ってイイですか?」などが好調に推移したものの平日午後帯の番組販売減少の影響を受けて減収。また、海外番販部門での中国との契約遅延などがあり伸び悩んだものの「勇者ヨシヒコ」「孤独のグルメSeason6」などの人気番組の追加印税が好調でした。
放送周辺事業やCS放送、通販関連、音楽出版関連などがあり、通販と「新世紀エヴァンゲリオン」のアニメ関連楽曲二次使用を中心とした印税収入が想定を上回り好調でした。
全ての事業の中で最も増収増益幅の大きかったインターネット・モバイル事業ですが、クロスメディア広告企画売上が好調に推移したのに加えキャラクター関連事業が国内外でライセンス売上が増加、お取り寄せグルメの「虎ノ門市場」動画配信関連事業の好調もあり大幅増収増益でした。

個人的にはですがやはりテレビを見る機会がかなり減っていてネットで見ることがかなり増えているので動画配信企業にもっと注力した方がいいように感じます。テレ東は他局と比べて独自色が強めだと思うのでその辺を動画配信事業でも活かしていけば強いような気がします。

2017/08/01現在
株価 : 2320円
時価総額 : 667億円

是非シェアしてくださいm(._.)m



日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin