総診療数2桁増 動物に二次医療を提供する日本動物高度医療センターのQ1決算を見て見た件

8/3 , 2017

H30年3月期Q1連結業績(前年同四半期比)
売上高    5億5200万円(7.1%)
営業利益   7300万円(200.7%)
経常利益   5400万円(158.6%)
純利益    3200万円(101.7%)

通期予想に対する進捗率
売上高    23.4%
営業利益   22.5%
経常利益   17.4%
純利益    12.3%
日本動物高度医療センター

初めて取り上げる企業です。名前の通りで簡単に説明すると動物版総合病院です。かかりつけの病院で対処が困難な動物に対して、高度医療を提供しています。人間と同じように循環器科や呼吸器科、整形科、眼科、腫瘍科など様々な診療科があります。かかりつけ病院の紹介による完全予約制の病院でワクチン接種や予防といった一次医療は行なっていません。業績を見ていきます。

JARMeC
売上高 : 4億3700万円(+11.9%)
Camic
売上高 : 1億1500万円(-2.0%)

JARMeCというのは、二次医療を行う日本動物高度医療センターの名称でCamicは動物検診センターでCTやMRIといった検査を行なっています。JARMeCは川崎市高津区と名古屋市にあります。Camicは練馬、城南、埼玉、東東京(江戸川区)にあります。事業に関わる数値を見て見ます。

初診数 : 1173件(+5.1%)
総診療数 : 5031件(+12.9%)
手術数 : 395件(+12.2%)

各数値伸びました。伸びましたといってもそれだけ動物が苦しんでいるのでなんとも喜べない気分になるのですが、 街中に結構動物病院があったりするので本当はもっと二次医療の需要ってあるんじゃないかなと思います。個人的にはいつか来る別れを想像しただけで辛すぎるのでベットショップとかInstagramに流れてくる猫に癒されてます。 現在はJARMeCは川崎と名古屋にしかないので主要都市に1つぐらいは最低でもあっていいのではないかと思うので本当はもっと業績は伸びるような気がします。今期は売上原価率の低下で大幅営業増益でした。原価率は前年同期68.0%から61.4%になっています。原価の額自体も、増収にもかかわらず前年同期より額が減っています。

2017/08/03現在
株価 : 2163円
時価総額 : 50億円

是非シェアしてくださいm(._.)m



日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin