大幅減収減益も利益進捗率は良好 2017年タイトルの新課金モデルで高課金率を実現したコロプラのQ3決算を見て見た件

8/2 , 2017

H29年9月期Q3連結業績(前年同四半期比)
売上高    382億円(-40.8%)
営業利益   98億4400万円(-61.6%)
経常利益   100億2000万円(-60.0%)
純利益    64億4600万円(-56.3%)

通期予想に対する進捗率
売上高    69.5%
営業利益   89.5%
経常利益   91.1%
純利益    85.9%
コロプラ

今期は期初から大幅減収減益予定でしたが利益に関しては進捗がかなりよく、もしかすると減益ながらも予想を上振れての着地もありそうな感じになっています。リリース時期別の四半期業績を見てみます。

2012年アプリ
売上高 : 5億2300万円
2013年アプリ(黒猫のウィズ)
売上高 : 31億900万円
2014年アプリ(白猫プロジェクト)
売上高 : 34億5600万円
2015年アプリ
売上高 : 4億2600万円
2016年アプリ(白猫テニス)
売上高 : 21億4600万円
2017年アプリ
売上高 : 2億6200万円

CMなどでも良くみる有名タイトルのある年のアプリ売上がやはり大きい売上になっています。2017年はプロ野球バーサス1本ですがこのアプリの課金モデルが広く浅い課金を実現したとのことで高課金率のようです。リリースタイトルが1本で白猫・黒猫ほどのヒットでないにしても、あまり数字の良くない年のタイトルとしては1本でよく稼いでいる方なのかなと思います。

今後のトピックスとして今後のIP活用について書かれていました。今後は今期Q4か来期Q1以降他社IPの完全新作の提供を開始し、来期後半からは他社との完全協業を行なっていくとのことでした。個人的にはコロプラの他社IPを利用しなくても大きく業績を伸ばせていたところがすごいと今まで思っていたので少し残念ではありますが、VRなどの話になってくると他社IPを活用した方がうまくいくのかなと思うところもないわけではないです。他社IPを利用しないということは利用料を払う必要がないわけで活用するものに比べて高利益率だと思うのですが、他社IPの積極的な活用ということが書かれているのでそうでなくなってしまうことがあり得ることを考えるととても残念です。

2017/08/01現在
株価 : 1202円
時価総額 : 1531億円

是非シェアしてくださいm(._.)m



日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin