組織体制・連携の見直しにより海外事業が増収赤字縮小となったアドウェイズのQ1決算を見て見た件

8/2 , 2017

H30年3月期Q1連結業績(前年同四半期比)
売上高    106億9400万円(2.3%)
営業利益   1億6200万円(黒字化)
経常利益   1億5400万円(黒字化)
純利益    -5400万円(赤字縮小)

通期予想に対する進捗率
売上高    23.2%
営業利益   28.9%
経常利益   21.1%
アドウェイズ

増収黒字化、純損失は前年同期の1/3ほどになっています。広告事業はスマホ向け広告が減収だったもののPC向け広告が好調。また、海外事業はまだ赤字ですが売上は拡大し赤字幅は縮小しました。セグメント別の業績を見ていきます。

広告事業
売上高 : 88億9498万円(+2.1%)
セグメント利益 : 6億9956万円(+5.8%)
内訳
スマートフォン向け広告
売上高 : 42億3172万円(-2.2%)
PC向け広告
売上高 : 46億6325万円(+6.3%)

アプリ・メディア事業
売上高 : 1億8072万円(+4.7%)
セグメント利益 : -2668万円(赤字拡大)
内訳
アプリ事業
売上高 : 6810万円(-22.6%)
メディア事業
売上高 : 1億1262万円(+33.0)

海外事業
売上高 : 16億1770万円(+6.4%)
セグメント利益 : -1億194万円(赤字縮小)

その他(国内外新規事業により構成)
売上高 : 90万円(-98.0%)
セグメント利益 : -6545万円(赤字縮小)
広告事業と海外事業の売上が好調です。スマホ向け広告(アプリ向け広告)は減収でPC向け広告が増収でした。スマホ広告減収はは広告主の広告出稿減少によるもので、PC向け広告は金融関連企業の広告取引が堅調に推移するとともにスマホブラウザからのweb広告売上が増加したことにより増収増益でした。海外事業は中国・香港・台湾・韓国・米国・シンガポール・インドにおいて、現地企業と外国企業を対象としたネットマーケティングの総合支援を提供しています。今期は組織体制の連携見直しと効率化が進んだことで増収赤字縮小となりました。

2017/08/01現在
株価 : 509円
時価総額 : 211億円

是非シェアしてくださいm(._.)m



日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin