動画広告が大きく成長 AbemaTVは916万MAU AbemaTVに積極投資中のサイバーエージェントQ3決算を見て見た件

2/27 , 2017

H29年9月期Q3連結業績(前年同四半期比)
売上高    2694億8600万円(19.7%)
営業利益   208億8800万円(-35.9%)
経常利益   194億400万円(-39.0%)
純利益    30億900万円(-75.5%)

通期予想に対する進捗率
売上高    74.9%
営業利益   74.6%
経常利益   72.7%
純利益    30.1%
サイバーエージェント

AbemaTVへの投資を行っていることもあり大幅減収ですが2桁増益となりました。業績予想については当期純利益以外は好調に推移しています。当期純利益については特別利益の可能性があるものがあるとのことで現時点で据え置きとのことでした。セグメント別の四半期業績を見ていきます。

インターネット広告事業
売上高 : 510億円(+18.6%)
営業利益 : 41.3億円(+10.3%)
内訳 : スマホ407億円、PCその他103億円
=>動画広告が前年同期比2.6倍の75億円と成長中

ゲーム事業
売上高 : 334億円(+9.2%)
営業利益 : 68.9億円(-17.1%)
=>QoQでは減収

メディア事業
売上高 : 64億円(+27.6%)
営業利益 : -46.9億円(うち先行投資52億円)

ネット広告は順調に伸びているなといった感じですかね。特にyoutubeを筆頭に動画広告が伸びています。QoQでは8億円増となりました。注目したいのはメディア事業だと思います。メディア事業はまず、マッチングサービスの「タップル誕生」が順調に伸びていて会員数は232万人になりました。また注目を集めることがあったこともありブログサービスの「Amebaアプリ」は28億PVと大きく伸びました。現在投資中の「AbemaTV」は1900万DLを突破しました。4-6の人気番組ランキングは以下の通りです。

1.AbemaTV1周年記念企画「亀田興毅に勝ったら1000万円」
2.竜王戦決勝トーナメント 増田康宏四段 対 藤井聡太四段
3.緊急特番 海老蔵さん会見生中継
4.メトロック東京2017
5.劇場版 魔法少女まどかマギカ 叛逆の物語

藤井四段の活躍もあり藤井四段の対局が人気コンテンツになっているようで、4-6月のランキング2位になっている竜王戦決勝トーナメントの増田四段戦の視聴数が793万で7月に行われた藤井四段の連勝記録が止まった竜王戦佐々木五段戦は視聴数1242万とさらに伸びているといった状況のようです。
AbemaTVのMAUは6月時点で916万MAUで6月のWAUは見た感じ400万~570万の間で推移している感じです。Q3はCMを使わずに人気コンテンツによってベースアップしているとのこと。動画サービスのMAU比較では民法公式無料アプリのTVerやAmazonプライムビデオなどのと比較グラフが出ましたがダントツで突き抜けている感じです。Q4以降の施策としては視聴習慣をつけるレギュラー番組の拡充と尖ったオリジナル番組企画、若年層ユーザーが多いこともありその層を意識した番組制作を行い、機能面ではデータ通信節約モード搭載とAbemaビデオの機能強化を行うとのことでした。

個人的な考えとしてはAbemaTVはこれからいろんなことができると思っていて、特にネットならではのコンテンツをもっとやってほしいと思っています。今のabemaTVはスマホで観れるテレビにコメント機能がついた感じというイメージでいるのですが、特に生放送のものでは例えば視聴者のコメントをピックアップして何かそれに対するリアクションが頻繁にあったりとか、野球中継なんかは例えば現在の視聴者のファン属性、例えば阪神 対 DeNAであれば今の視聴者はDeNAファンが多いか阪神ファンが多いかとか回が終わるごとに視聴者がその回のMVPプレイヤーを決めたり7回が終わった時点で勝敗予想をしたりとかいろんなことができると思うのでそういうネットならではの何かをやってほしいなと思います。

2017/07/27現在
株価 : 3745円
時価総額 : 4734億円

是非シェアしてくださいm(._.)m



日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin