Yahooとの提携もありQ1黒字化!イーブックイニシアティブジャパンQ1決算を見てみた件

7/24 , 2017

H30年3月期Q1連結業績(前年同四半期比)
売上高    26億6800万円(-%)
営業利益   3300万円(-%)
経常利益    3600万円(-%)
純利益    2600万円(-%)

通期予想に対する進捗率
売上高    25.4%
営業利益   16.5%
経常利益   18.0%
純利益    20.8%
イーブックイニシアティブジャパン

決算期の変更があり前年同期との単純比較ができませんが黒字化達成ですね。前年同期(2-4月)は赤字でした。営業損失は5500万円、経常損失・四半期純損失は共に5400万円でした。売上原価率は65.1%から64.0%、販管費率は37.4%から34.7%へ、どちらも改善しています。セグメント別売上高は以下の通りです。

①電子書籍事業
電子書籍配信
売上高 : 14億6831万円

電子書籍提供(Yahoo!!ブックストア店舗運営受託を含む)
売上高 : 2億2123万円

②クロスメディア事業(Yahoo!!ブックストア店舗運営受託を含む)
売上高 : 9億7902万円

冒頭でも書きましたが、決算期が1月から3月に変更になったので前年度Q1と単純比較ができないのですが、電子書籍事業はよく伸びている印象を受けます。前年度Q1(2-4月)の電子書籍事業売上高は12億5357万円でしたが今Q1は16億8954万円なので単純比較はできませんが、30%を超える増で、大きな伸びと言えるのではないでしょうか?伸びの要因としてはYahoo!!ブックストア店舗運営業務受託開始や電子書籍配信強化がうまくいっているようです。ちなみに電子書籍配信強化とは常時2200冊以上を提供する「最強無料マンガ」や期間限定での「全巻無料読み放題」の実施などのことです。

今四半期末における取扱冊数は58万9170冊でした。内訳は以下の通りです。

総合書籍 : 33万7380冊
女性マンガ : 11万3760冊
男性マンガ : 9万5560冊
その他 : 4万2470冊

会員登録数は144万7000人で、このうち新規会員は5万2000人でした。

マンガの電子書籍という部分では、スマホアプリがいろいろありますよね。自分自身マンガを読むことがほとんどなく1タイトルだけ持っているマンガがあるのですが、kindleを使っています。周りの友達を見ているとマンガはマンガアプリを使っているという人が多いような感じがしますが、それなりに不満を持っている人もいるようで(無料で読めるページ数がかなり少ないなど)そういった意味では、ググってみるとマンガアプリとしての知名度はそんなに高くなさそうなので知名度が上がってくるといいような気がするのとスマホアプリにもっと力を入れた方がいいような気がします。割と有名タイトルも「最強無料マンガ」に入っているのでそういった面を整えれば人気が出るような気がします。如何せん自分自身がマンガをほとんど読まないのであれなのですが。。

2017/07/24現在
株価 : 1260円
時価総額 : 69億円

是非シェアしてくださいm(._.)m



日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin