上場後初の決算を迎えたオロの1Q決算を見てみた件

5/15 , 2017

H29年12月期1Q連結業績(前年同四半期比)
売上高   9億3400万円(-%)
営業利益   1億9800万円(-%)
経常利益   1億8900万円(-%)
純利益   1億1400万円(-%)

通期予想に対する進捗率
売上高 25.4%
営業利益 29.2%
経常利益 28.5%
純利益 24.8%

オロ

今年の3月に上場したオロの上場後初の四半期決算です。
はじめに、オロがどんな会社なのかということをざっくりと。設立されたのは1999年で事業内容はクラウド型統合業務システムの開発・販売とデジタルマーケティング支援でクラウド型糖業業務システムは上場時の成長可能性に関する説明資料によれば累計販売ライセンスは9万ライセンスを超えており、実績としてはJAL INFOTEC、住友林業情報システム、面白法人カヤック、DLEなどがあります。また、創業以来19期連続の増収のようです。ちなみに現代表取締役と専務取締役の2人が共同設立したみたいです。

さて1Q業績ですが、通期予想に対していい感じの進捗で、純利益以外は25%を超え営業利益は30%近い進捗となっています。セグメントの業績は次の通りです。(カッコ内は前年同期比増減)

ビジネスソリューション事業
売上高 : 4億3900万円(+13.9%)
内訳=>新規顧客 : 1.89億円、保守・ストック(既存顧客) : 1.8億円、スポット(既存顧客) : 0.69億円
営業利益 : 1億5200万円(+10.3%)

コミュニケーションデザイン事業
売上高 : 4億9500万円(+12.9%)
内訳=>海外 : 0.45億円、新規顧客 : 0.25億円、既存顧客 : 4.24億円
営業利益 : 1億5200万円(-20.8%)

今四半期は前年同期に比べコミュニケーションデザイン事業における外注費増加による売上原価増や上場に関する費用により、経常利益は-11.3%四半期純利益は-18.2%の減益となっています。また、ビジネスソリューション事業におけるクラウド型統合業務システムのライセンスは10万ライセンスを達成し、現在の導入決定企業は400社以上となっています。

2017年5月15日現在
株価 : 3430円
時価総額 : 142億円

是非シェアしてくださいm(._.)m