peachを子会社化したANAHDと日本航空の通期決算をpeachについても一緒に見てみた件

4/28 , 2017

日本航空
H29年3月期4Q連結業績(前年同四半期比)
売上高   1兆2889億6700万円(-3.6%)
営業利益   1703億3200万円(-18.6%)
経常利益   1650億1300万円(-21.1%)
純利益   1641億7400万円(-5.9%)

ANAホールディングス
H29年3月期4Q連結業績(前年同四半期比)
売上高   1兆7652億5900万円(-1.4%)
営業利益   1455億3900万円(6.7%)
経常利益   1403億7500万円(7.4%)
純利益   988億2700万円(26.4%)

日本航空は減収減益、ANA HDは減収増益でした。個人的には日本航空推しなんですが、人生初LCC(Peach)をつい最近体験したのでそれも含めて書きたかったので取り上げました。では初めに、両社のセグメント別業績を見てみます。

日本航空
航空輸送事業セグメント
営業収益 : 1兆1593億円(-3.8%)
営業利益 : 1531億円(-19.7%)

その他
JALパック
営業収益 : 1725億円(0.2%)
JALカード
営業収益 : 204億円(0.1%)
*各数値は連結消去前

ANA HD
航空事業
売上高 : 1兆5363億円(-1.1%)
営業利益 : 1395億円(-0.2%)

航空関連事業(搭乗受付、手荷物搭載の支援業務の受託)
売上高 : 2644億円(+14.0%)
営業利益 : 83億円(黒字化)

旅行事業
売上高 : 1606億円(-4.0%)
営業利益 : 37億円(-12.8%)

商社事業
売上高 : 1367億円(-2.5%)
営業利益 : 43億円(-17.5%)

その他事業
売上高 : 347億円(+3.0%)
営業利益 : 13億円(-17.5%)

並べてみると航空輸送のセグメントは日本航空の方が売上高は小さいですが営業利益は大きいので効率的な系絵であると言えそうですが、ANAの場合は他の航空会社の業績も入ってますから単体で見たらどうかわかりません。つづいて国内線、国際線、貨物のそれぞれの数字を見てみたいと思います。

日本航空
国内線
旅客収入 : 4986億2800万円(-0.5%)
有償旅客数 : 3257万397人(+1.4%)
貨物収入 : 222億6000万円(-4.7%)

国際線
旅客収入 : 4152億1800万円(-7.5%)
有償旅客数 : 839万4777人(-0.8%)
貨物収入 : 433億3400万円(-20.2%)

ANA HD
国内線
旅客収入 : 6783億円(-1.1%)
旅客数 : 4296万7000人(+0.7%)
貨物収入 : 308億円(-2.8%)

国際線
旅客収入 : 5167億円(+0.2%)
旅客数 : 911万9000人(+11.6%)
貨物収入 : 933億円(-17.7%)

日本航空は国内線国際線ともに旅客収入が減少してます。国内線ではずっとつながる無料キャンペーンとして機内wifiの無料化キャンペーンを行っています。使わせてもらったんですけどやっぱいいですね。割とwifiって地味に高いですよね。だから助かりました。ANAの貨物ですが特に国際線については上期の円高による為替影響や燃油市況の下落による燃油特別不可運賃注入の減少が響いたようです。下期については単価水準が改善し日本発中国・アジアなどの貨物需要の取り込みやチャーター人の設定などによる増収につて止めたとのことですが大幅減収でした。

個人的なアレ。
それで、話したかったpeachのことなんですが、最近ANAがpeachを子会社化しましたよね。個人的には大正解だったと思ってます。実際に乗って思いました。乗る前のイメージとしては、「安い。鬼狭い。」って感じ。値段を安くしてもらう代わりにスペースが鬼ほど狭いと思ってました。実際どうだったかというと、鬼狭いのをできるだけ避けたかったのでpeachの中でも広い席(追加料金はかかります)を予約しました。運賃は3490円とでていたのですが、あれは本当に運賃だけで空港利用料とかまた別に取られるんですけど、スマートシートと言われるpeachの広い席にした追加料金も含め関空-成田の往復で1万810円でした。もちろん時期、便によって値段は動くのですが、まず安さに驚きます。そして実際に乗ってみると「広い!!?」あくまで個人的な感覚ですけどもしかするとJALとかのエコノミークラスより広いのではないか?体が比較的小さくはないと思うのですがそれでも座って膝から前のシートまで握りこぶし2つ分くらいはいる感じ。こうなってくるともちろん夜行バスなんかとは比べ物にならないのかもれませんが(乗ったことがないので知りませんが)新幹線なんかより場合によっては圧倒的にいいし(もともと新幹線乗ってる人のきがしれなかったんですが)お金ないから新幹線には乗れないけど夜行バスは嫌だと思ってる学生とかは知れば使うと思うんですよね。だから狭いと思ってる人とか「飛行機=高い」って発想の人とか(結構いると思うんですけど採る時期によっては新幹線より全然安いですからねLCCじゃなくても)ぶっちゃけ、高所恐怖症とか飛行機=安全じゃないとか思ってなくて移動のためにお金をかけたくないけど快適じゃないのも嫌って人は使うはず。子会社になってしまったのであれなんですが正直上場してほしいとその時に思いました。もちろんないわけではないですが比較的ないんだろうなと思います。で、peachの業績なんですがH28年3月期決算は営業収入479億3900万円、営業利益61億8100万円、当期純利益27億4400万円でした。時期が全く違うのであれなんですが、親会社の航空事業よりも営業利益立がいいというアレです。搭乗率も86.7%と高く今後も期待できるんじゃないかと思います。ちなみにデメリットですけど空港が主要空港ではないということですね。例えば関西から関東に行こうとすると普通は伊丹-羽田に成るんですがLCCは関空-成田です。電光掲示にはTo Tokyoなんて書かれますが紛れもなくTo Chibaです。なので東京に戻るのが結構面倒くさい。しかも関空も遠い。それから席が広いのは追加料金を払ったからであって普通席は鬼狭いです。見ただけですが。あれはやばいです。なので狭いの苦手な方は追加料金を払いましょう。とりあえず乗ったことない方は一回乗ってみるといいと思います。

2017年4月28日現在
日本航空
株価 : 3520円
時価総額 : 1兆2450億円

ANA HD
株価 : 335.5円
時価総額 : 1兆1797億円

是非シェアしてくださいm(._.)m