四半期利益黒字転換での着地となったLINEの1Q決算を見てみた件

4/26 , 2017

H29年12月期1Q連結業績(前年同四半期比)
売上収益   389億1600万円(16.3%)
営業利益   40億2500万円(-24.6%)
税引前利益  35億6600万円(-13.9%)
純利益   14億3700万円(黒字化)

LINE

親会社所有者に帰属する四半期利益は前期赤字でしたが、今期は黒字となりました。2017年3月末時点で主要4カ国(日本・台湾・タイ・インドネシア)におけるLINEのMAU*は1億7000万人で前年同期比12.6%増となりました。 (MAU : 月間アクティブユーザー)

サービス別の売り上げは(前年同期比増減)
広告
売上高 : 166億円(39.4%)
=>内訳 : ポータル型16% メッセンジャー型 54% パフォーマンス型 30%

コミュニケーション
売上高 : 81億円(5.0%)
=>平均スタンプ送信数 : 4億4100万回/day

コンテンツ
売上高 : 104億円(-12.0%)
=>LINE GAME MAU : 2630万人

その他
売上高 : 39億円(89.5%)
=>LINE Friends店舗数 : 27店舗

コンテンツに関してはYoYでもQoQでも減少しています。広告の次に売上収益の大きいサービスなのでこのまま減少していくのは歓迎できないのではないでしょうか。ちなみにそのサービスに含まれるLINE漫画の決済高はYoYで55%増、LINE MusicはYoYで357%増と大きく伸びているのでゲームなどの部分がイマイチなんじゃないかと思います。

個人的にはLINE Mobileに期待をしています。やはり若い世代が多く使っているLINEが格安SIMを提供するということで認知されやすいですし、子供がそれにするなら比較するのが面倒だからということで家族みんなでLINEMobileなんてこともあり得ると思います。そのためには速度が結構大事なわけですが、実際使っていますが良いと思います。またtwitterやfacebook,Instagramのデータ使用量をフリーにしているものはまだ少なくBIGLOBE、FREETELくらいだと思うので競争力は割と高いのではないかと思います。他の格安SIM提供企業のセグメント業績などを見ても大きな売上になってきているのでLINEでも期待できるよ思います。一方で利益率はそんなに高くないかなとも思っているのですがLINEMobileがどれくらいシェアを取れるかという問題もあるのでとりあえず今は期待しています。

2017年4月26日現在
株価 : 4220円
時価総額 : 9241億円

是非シェアしてくださいm(._.)m