今期増収減益で4期連続増収ながら4期連続増益とはならず 三菱鉛筆の4Q決算を見てみた件

2/15 , 2017

H28年12月期4Q連結業績(前年同四半期比)
売上高 647億1600万円(1.6%)
営業利益 98億6500万円(-16.8%)
経常利益 99億5300万円(-19.2%)
純利益 61億9000万円(-16.7%)

通期予想に対する進捗率
売上高 100.3%
営業利益 89.7%
経常利益 104.8%
純利益 95.2%

三菱鉛筆

2Q業績発表前に業績の下方修正を行いましたが
営業利益と純利益は予想未達の着地となりました。
下方修正の理由としては為替が当初予想に比べ
円高に推移したことが挙げられています。

さてそもそも今回なんで三菱鉛筆を見たかってことなんですけど
1つ目はいろんな企業の決算スケジュールを見ていたら
一覧の中に三菱鉛筆があったから。
「そこに山があったから。」みたいな理由です。
もう一つは、
「最近鉛筆使う人なんて見ないよな。シャーペンも使ってないな。。」
ということですね。

ってな訳で、
三菱鉛筆の今の事業内容をざっくり
・鉛筆
・シャーペン、替え芯
・ボールペン
・非筆記用具事業
(消しゴム、クリップ、OA関連)
以外と思ったままの事業内容だなといった感じ。
でも、
「でも、」ってなんか失礼な響きなんですけど
売上高、純利益ともにH25・26・27年度と連続増収増益なんです。
正直驚きでした。

で、今期なんですが
為替が減益要因になったのは前に書きました。
そのほかのところで、とりあえずセグメント別の業績を(対前年同期比増減)
筆記具及び筆記具周辺商品事業
売上高 : 621億5200万円(+1.7%)
=>主力商品「ジェットストリーム」や「ポスカ」、「プロパス」といった彗星サインペンの販売が堅調に推移

その他事業(粘着テープ、手芸用品等)
売上高 : 25億6400万円(-0.3%)

ちょっと気になったところで行くと、
業績が上昇傾向に転じたH25年度からH27年度まで
徐々に売上原価率が良くなっていたのですが
今期は若干悪化したこと。
H25 : 50.7%
H26 : 49.5%
H27 : 48.3%
H28 : 49.5% <=今回の決算
毎回割と毎回決算短信に登場する製品名に違いがあるので
(ずっと出てきてるのはジェットストリームシリーズ)
今期良かったものが原価率の高いものだったのか
それもとほかの要因があるのかは気になるところ
金額ベース気行くと10.04億円の増収に対して
12.7億円の原価増ってのはちょっとなって感じはします。

営業外収益、費用ってところでは
目立つところだと明らかに昨年度より営業外費用が増えてるってとこですよね。
昨年度は為替差益が4300万円あったのが今期はなくなり
昨年度なかった為替差損が3億1100万円計上されています。

ちなみにH29年度は
増収増益の見通しです。 H27年の構成比を見ると海外が47.4%あるので
為替の上下は業績に与える影響も大きいなと。
想定為替レートみたいなやつをパッと見つけられなかったんですけど
それ次第ではまたぶれる余地はあるなと。

2017年2月15日現在
株価 : 5790円
時価総額 : 1861億円

是非シェアしてくださいm(._.)m