スポーツ事業セグメント利益が前年同期比3041%増 DeNAの3Q決算を見てみた件

2/8 , 2017

H29年3月期3Q連結業績(前年同四半期比)
売上収益      1087億2000万円(0.0%)
営業利益      186億6300万円(27.1%)
税引前利益     209億8000万円(29.9%)
四半期利益     288億300万円(244.5%)(親会社所有者帰属する)

通期業績予想進捗
売上収益     77.7%
営業利益     89.3%
当期利益     101.4
DeNA

増収2桁増益となりました。
連結業績の売上収益増減は0.0%になっていますが
1500万円程度の増収です。
利益については
DeNAショッピングとauショッピングモールの名称で運営していた事業を
KDDIに譲渡したことなどにより、その他収益は63億3600万円となりました。
また、キュレーションプラットフォーム事業に関するのれんの減損と
欧米ゲーム事業に関わる海外子会社の解散・清算などにより
その他費用は65億2300万円となりました。

まず、キュレーションプラットフォーム事業ですが
特に新しい発表はなく、
第三者委員会の調査結果発表まで特に何もないかと。
期間が3ヶ月程度なので3月くらいにはなんらかの発表があるのではないでしょうか
また、減損損失として38億5900万円が計上されています
内訳は
MERYを運営する株式会社ペロリ : 26億5300万円
iemoを運営する株式会社iemo : 7億9300万円
Find Travelを運営する株式会社Find Travel : 1億3000万円
ソフトウェアほか : 2億8300万円

続いて事業別の業績は
ゲーム事業
売上収益 : 740億3900万円(10.8%減)
セグメント利益 : 187億4700万円(2.7%減)
=>管理会計ベースの海外営業損益は前年同期-11億円から-1億円に改善し
中国・他では-3億円ながら欧米では+2億円となりました(一時費用を除く)

EC事業
売上収益 : 146億9800万円(0.2%増)
セグメント利益 : 13億9400万円(27.0%減)
=>DeNAトラベル取扱高は前年同期比18%増

スポーツ事業
売上収益 : 123億4900万円(46.9%増)
セグメント利益 : 24億400万円(3041.0%増)
=>セグメント利益の増加幅は間違えてないです。(決算短信とおなじです。)
ベイスターズの主催試合の入場者数の増加により大幅増益となりました。
2016年シーズンはDeNA強かったですからね。
株式会社横浜スタジアムはH29年3月期から業績貢献とのこと。

新規事業・その他
売上収益 : 83億7100万円(121.3%増)
セグメント利益 : -36億1400万円(前年同期比6400万円改善)
=>内キュレーションは売上収益 : 36.89億円 営業損失 : 16.87億円

2016年12月15日iOS配信開始の
「SUPER MARIO RUN」は
今年3月からAndroidでも配信開始予定
そして今年2月に任天堂との協業タイトル
「FIRE EMBLEM Heroes」をiOSとAndroidで
39カ国に配信開始
また、「どうぶつの森」は
編成や運営の観点からスケジュールを見直し
2017年中の配信予定に変更となりました。
最後に「逆転オセロニア」ですが
具体的数値は出ていませんが、グラフでは
DAUが今年1月2月は爆発的に伸びています。
売上ランキングも急激に上昇しているようです。

業績の見通しとしては
任天堂との協業タイトルのうち今年2月以降の配信タイトルについては
合理的な見積もりが難しいことから織り込まず
またキュレーションプラットフォーム事業については
売上収益は見込んでいないとのこと。

2017年2月8日現在
株価 : 2505円
時価総額 : 3777億円

是非シェアしてくださいm(._.)m