自社株買いと上方修正を発表 日本電産3Q決算を見てみた件

1/24 , 2017

H29年3月期3Q連結業績(前年同四半期比)
売上高     8682億2800万円(-3.0%)
営業利益    1061億9700万円(17.6%)
税引前利益   1077億7100万円(16.6%)
当期利益    816億3800万円(17.4%)

通期業績予想進捗
売上高     72.4%
営業利益    75.9%
税引前利益   77.0%
当期利益    77.8%
日本電産

自社株買いと通期業績予想の上方修正が発表されました

まず自社株買い
取得株式総数 : 上限 500万株(1.69%)
取得価額総額 : 上限 500億円
期間 : H29年1月27日~H30年1月26日

続いて通期業績予想修正
売上高 : 1兆2000億円=>変更なし
営業利益 : 1350億円=>1400億円(+50億円)
税引前利益 : 1330億円=>1400億円(+70億円)
当期利益 : 1000億円=>1050億円(+50億円)
また想定平均為替レートは
米ドル : 100円=>110円
ユーロ : 110円=>117円
上記のように変更されました。

3Q累計期間においては
営業利益、税引前利益、純利益の項目において過去最高を更新しました。

製品グループ別業績は(前年同期比増減)

精密小型モータ製品グループ
売上高 : 3308億6600万円(-6.0%)
=>内、HDD用モータ : 1440億4000万円 その他小型モータ : 1868億2600万円
営業利益 : 521億3600万円(-1.9%)
HDD用モータにおける減収幅が11.3%と大きいのですが
販売数量自体は前年同期比ほぼ横ばいで為替の影響による減収

車載及び家電・商業・産業用製品グループ
売上高 : 4007億900万円(-2.5%)
=>内、家電・商業・産業用 : 2099億400万円 車載 : 1908億500万円
営業利益 : 421億7300万円(33.4%)
新製品・新市場・新顧客の売上増があり家電・商業・産業用については0.9%の増収

機械装置製品グループ
売上高 : 866億1000万円(7.9%)
営業利益 : 158億200万円(33.7%)
日本電産サンキョーの液晶ガラス基板及び有機EL搬送用ロボットの増収

電子・光学部品製品グループ
売上高 : 473億700万円(-4.0%)
営業利益 : 77億8200万円(71.2%)

その他製品グループ
売上高 : 27億3600万円(-0.0%)
営業利益 : 4億4300万円(13.6%)

全体の売上原価率は
前年同期の77.3%から-1.4%の75.9%となりました。
販管費率は8.2%から-0.8%の7.4%
研究開発費は4.4%から+0.1%の4.5%でした。

2017年1月24日現在
株価 : 1万850円
時価総額 : 3兆2348億円

是非シェアしてくださいm(._.)m