増収ながら赤字幅拡大での着地となったサイバーダイン2Q決算を見てみた件

11/15 , 2016

H29年3月期2Q連結業績(前年同四半期比)
売上高    6億円(8.3%)
営業利益   -6億9400万円(-%)
経常利益   -5億1000万円(-%)
純利益    -5億1400万円(-%)

通期業績予想進捗
予想なし
サイバーダイン

増収赤字拡大の着地となりました。
医療用HALは世界初の公的医療保険診療により国内医療機関への導入が開始し
今年9月末次点で158台が稼働しています(臨床試験用含む)
自立支援用については臨床研究目的で186台が稼働しています。

ライバルが少なくないように感じる介護や福祉の分野では下肢タイプと腰タイプがあり
それぞれ下肢タイプが451台、腰タイプが303台稼働しています。

介護の分野は厚労省が介護ロボット等導入支援特別事業を行ったり
経産省がロボット介護機器開発導入続伸事業を行っていたりしてライバルも多いイメージがあります
ちなみにH26年の経産省の事業採択内定企業の中には
ナブテスコや安川電機、船井電機などが移動支援の分野で
サイバーダインと同じ移乗介助の分野では
東芝、菊池製作所、トヨタ自動車、パナソニック、安川電機が
装着・非装着の違いはあるものの採択されています。

2016年11月14日現在
株価 : 1402円
時価総額 : 1925億円

是非シェアしてくださいm(._.)m