トヨタ自動車と日産自動車の2Q決算を比較して見てみた件

11/8 , 2016

日産自動車
H29年3月期2Q連結業績(前年同四半期比)
売上高 5兆3210億3700万円(-10.3%)
営業利益 3397億3100万円(-14.0%)
経常利益 3968億3500万円(-7.2%)
純利益 2824億3300万円(-13.3%)

通期予想に対する進捗率
売上高 45.1%
営業利益 47.8%
経常利益 49.6%
純利益 53.8%

日産自動車

販売実績は
上期261.3万台で前年同期比-0.1%で
全需でも伸びていた中国で+3.8%
北米で+5.4%と伸びたものの
全需で伸びた欧州は-1.4%となりました

地域別の上期販売実績は
日本
全需 : 231万台(1.0%減)
販売台数 : 21.1万台(20.2%減)
軽自動車
全需 : 76万台(9.8%減)
販売台数 : 4.7万台(47.5%減)
軽自動車の販売停止により減少しました

中国
全需 : 1231万台(7.9%増)
販売台数 : 61万台(3.8%減)

米国(北米)
全需 : 903万台(0.8%減)
販売台数 : 78.3万台(3.7%増)

カナダ(北米)
全需 : 7.4万台(1.4%増)
市場占有率 : 横ばい

メキシコ(北米)
販売台数 : 19.1万台(14.8%増)
市場占有率 : 1.3%減

欧州(ロシアを除く)
全需 : 893万台(8.1%増)
販売台数 : 31.9万台(4.4%増)

ロシア(欧州)
全需 : 70万台(13.3%減)
販売台数 : 4.3万台(30.1%減)

その他(オセアニア・中南米など)
販売台数 : 38.2万台(4.9%減)

三菱自動車の決算と新体制については過去にまとめたものを。
燃費不正の三菱自動車取締役会長候補に日産ゴーン氏、現益子社長は留任 三菱自動車の2Q決算を見てみた件

トヨタ自動車
H29年3月期2Q連結業績(前年同四半期比)
売上高   13兆705億3300万円(-7.2%)
営業利益   1兆1168億6500万円(-29.5%)
税引前純利益 1兆1765億3400万円(-29.8%)
純利益   9461億7300万円(-24.8%)

通期予想に対する進捗率
売上高   50.3%
営業利益   65.7%
税引前純利益 61.9%
純利益   61.0%

トヨタ自動車

販売実績は436.3万台で8.5万台増加
グループ総販売台数は506.7万台8.8万台増加となりました

地域別の上期販売実績および業績は
日本
販売台数 : 107.8万台(+9.4万台)
営業利益 : 4857億円(-4734億円)
=>販売台数は増加したものの為替変動や諸経費増で減益

北米
販売台数 : 140.0万台(-1.3万台)
営業利益 : 2968億円(+110億円)
=>販管費増ながらも原価改善により増益

欧州
販売台数 : 43.4万台(+2.7万台)
営業利益 : 346億円(+24億円)
=>営業面の努力により増益

アジア
販売台数 : 76.5万台(+11.1万台)
営業利益 : 2196億円(-231億円)
=>諸経費増と中近東向け輸出減により減益

中南米・オセアニア・アフリカ・中近東
販売台数 : 68.6万台(-13.4万台)
営業利益 : 552億円(-138億円)
=>為替変動の影響と諸経費増により減益
金融セグメントは
上期419億円減の1381億円

両社為替変動の影響を大きく受けた印象です。
地域的な増減は共通の傾向があるような気はしないです。
トヨタは台数を減少させ他地域でも原価改善などで増益に持っていってる地域もあって
雑な感想ですがすごいなと。

2016年11月8日現在
日産自動車
株価 : 1035.5円
時価総額 : 4兆4347億円

トヨタ自動車
株価 : 5894円
時価総額 : 19兆6741億円

是非シェアしてくださいm(._.)m