上場後2度目の四半期決算 コメダ珈琲を運営するコメダホールディングスの2Q決算を見てみた件

10/12 , 2016

H29年2月期2Q連結業績(前年同四半期比)
売上収益  115億5800万円(9.7%)
営業利益   34億2300万円(4.9%)
税引前利益  32億8300万円(3.2%)
純利益   21億9900万円(7.7%)

通期予想に対する進捗率
売上収益 48.6%
営業利益  49.8%
税引前利益 49.4%
純利益  49.2%

コメダホールディングス

初めての上場後2回目の四半期決算です。
実家の方にも大学の方にも周りにコメダがないので全然行かないのですが
今年夏前くらいに1度、おそらく10年前後ぶり入ったんですよ。
ログハウス的な内装で
長居しても「早く出ていけよ」的な感じを全く感じないのが最高ですね。
コメダのグループ事業の概要の中でもお客様の長居を歓迎ってきてあって
もうなんか、最高かよって感じですよね。
コーヒーを頼むとスナックっぽいのが付いてくるのもなんか嬉しいですね。
最近コメダのチルドッカップの飲み物が売ってて
プラスチックの蓋の中にあのお菓子が入ってて惹かれました。

さて、コメダの新規出店と閉店件数ですが

1Q
新規出店 : 14店(東日本 : 6, 中京 : 2, 西日本 : 5, 海外 : 1)
閉店 : 4店(中京 : 4)
1Q末時点での店舗数(コメダ珈琲店+おかげ庵) : 693店舗

2Q
2Q単体の新規出店 : 18店(東日本 : 5, 中京 : 2, 西日本 : 11)
2Q単体の閉店 : 3店(中京 : 2, 東日本 : 1)
2Q末時点での店舗数(コメダ珈琲店+おかげ庵) : 708店舗

現時点で708店舗ですが、中期経営計画では
2020年度末までに1000店舗体制を目指すとのこと

業績については特に詳しい記載はないので
コメダのフランチャイズ(FC)の加盟契約について少し

コメダFC加盟契約にかかる諸費用
保証金     300万円(保証人人数により900万円~300万円)
加盟金     300万円(2店舗目以降は150万円)
研修費用    15万円/3人3ヶ月
店舗施工指導料 350万円(独立店)200万円(ビルイン)
ロイヤリティ 月額1席あたり 1500円

一応比較としてドトールコーヒー
チェーン加盟金 150万円
出店準備金   150万円/1店舗
加盟保証金   150万円
出店保証金   150万円
研修費     20万円/1人
設計管理料   110万円+(契約坪数-10坪)×4万円
ロイヤリティ  税抜き売上の2%

どっちもめんどくさいなと。
項目どんだけあるんだよって感じですけど
ざっくり初期にかかる費用はほとんど変わらないのかなって感じですね。
ロイヤリティとか店舗施工とか設計管理とかは規模によったりして違うので
別にすると
コメダ : 615万円
ドトール : 620万円
かかりますね。
店舗施工指導料とか設計管理料なしでこれなので。。。。
商法改正前の株式会社の最低資本金1000万円時代と同じくらいかかると思うと
げっそりしますけど
これどれくらいでペイできるのかなと。

ちなみに気になったので
セブンイレブンのFCも調べてみたんですが(土地・建物を本部が準備する場合)
加盟金 250万円
水道光熱費負担 加盟店20%本部80%
不良品原価 15%本部負担
ロイヤリティ 売上総利益に対してスライドチャージ率を乗じた金額(5年経過後チャージ率が減少)

喫茶店とコンビニは違うのであれなんですが
すごいわかりやすい。
加盟金の中に研修費とかが含まれてます。
オーナー総収入年間1700万円が最低保証されていて
オーナー総収入から営業費を差し引いたものがオーナー利益になります。

喫茶店かコンビニかによってFC契約の内容がこんなに変わるのかと少し驚きでした。

2016年10月12日現在
株価 : 1690円
時価総額 : 741億円
公募価格 : 1960円
初値 : 1867円

是非シェアしてくださいm(._.)m