国産初のジェット機を作った富士重工業1Q決算を見てみた件

9/18 , 2016

H29年3月期1Q連結業績(前年同四半期比)
売上高 7693億7800万円(0.5%)
営業利益 1015億4000万円(-24.3%)
経常利益 1187億9500万円(-8.7%)
純利益 788億6600万円(-6.3%)

通期予想に対する進捗率
売上高 24.1%
営業利益 25.4%
経常利益 28.9%
純利益 27.7%

富士重工業

スバルが富士重工業だって知ったのいつだっけなーとか思いながら…
そう、SUPER GT300クラスの現在のポイントランキング1位が
スバルBRZなんですよ。

業績ですが、営業利益が大幅に下がっていますが為替変動の影響や研究費の増加などによるもののようです。

近いうちに他社のもまとめようと思っているのですが
気になったので先に日産、トヨタの1Qの営業利益率も調べていみました。

営業利益率
日産    6.62%
トヨタ   9.75%
富士重工業 13.19%

富士重工業がダントツで高いんですよね。
一応車以外のセグメントもあって航空宇宙と産業機械があるんですけど
自動車だけのの営業利益率も高くて13.71%となっています。
ちなみに航空宇宙が4.83%で産業機器は営業損失になってます。

参考資料によると自動車の販売台数は
国内 : 3.1万台
海外 : 21.4万台
連結の販売台数は24.5万台で昨年1Qと比べて2万台増えています。
増えた2万台のうち1.6万台が北米での販売になっています。
東洋経済オンラインでも記事になるほどアメリカでのスバルは人気のようで
北米の工場に5億ドル投資を行っていたりとさらなる生産台数増加に耐えられるようにしているようです。
売れすぎスバルは一体どこまで拡大するのか|東洋経済オンライン

ちなみに人気車種はなんなんだろうかということなんですが
日本国内だとインプレッサと軽自動車が人気
海外だとレガシィとフォレスターが人気でした。

航空宇宙のセグメントでは
防衛省関連事業と民間機事業があり
防衛省関連事業では国産初のジェット機を作り練習機を納入しているそうです。
wikiで調べた程度なんですが1956年にアメリカによる航空禁止令全面解除を受けてYS-11の製作と同時に
中等練習機も国産化しようということになったようです。
(wiki T-1 (練習機))

ちなみに最近でいうと三菱重工のMRJがありますがあれが初飛行と言われるのは旅客機においてということだと思います。YS-11も旅客機ですがあれはプロペラ機なのでジェット機ではないということなんだと思います。
(53年ぶりの国産旅客機が初飛行。日本の航空産業復活なるか!?)
富士重工業が航空宇宙分野でも事業を行っているとは思いませんでした。

是非シェアしてくださいm(._.)m